FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     web拍手 by FC2

【制作中】もうちょっと続くんじゃ

いろいろとっ散らかってくると頭の中がパニックになってくるという、限りなくシングルタスクの人間です。
仕事なら優先順位がつけれられるのでなんとか処理できるんだけれど、家事なんかだと重要度が分類できなくて2時間ぐらい呆然としちゃったりします。

で、何が言いたいのかというと、綺羅星が今まさにそんな感じです、ってこと。
やらなければいけないことが多すぎて、リストアップする途中ですでに軽くパニック。

まずは地道な一歩からということで、形が思いついたところからモーション修正して、カメラ付けて、背景とMME入れてAVI出力し始めたのだけれど、やっぱりリップモーションはやり直さなければダメだということが判明。
ナンテコッタイ‥。

通常、リップは『ボーカルリデューサー』で演奏を抜いたWAVファイルを『MikuMikuVioce』で聞き取ってVSQファイルにしているのだけれど、これだと出だしが200フレームぐらいずれてしまうのと、音節によって発音毎に口を閉じるような動きになってしまいがちなので、お口の小さなモデルだと金魚みたいに口がパクパクになってしまうのが難だと思う。

というわけで『MikuMikuVioce』を使って修正しても、あまり芳しい結果が得られるとは思えなかったので、今回は『FaceAndLips』のお世話になってみた。


FaceAndLips

FaceAndLips』はVer.0.1の時に一度つかわせていただいて、結局使いこなせなかった前科があって、今でも0からの作り込みは全くできる気がしないのだけれど、元のVSQファイルを修正する用途ならすごく便利かもしれない。

MMDだと「表情大きさ補正」ということで口以外の表情も補正されてしまうけれど、『FaceAndLips』だとリップの部分のみ選択してボリュームを変えることができるし、何より視覚化されているので、完全に口を閉じてしまっている箇所が見つけやすい!

あと、ファイルがモデルに依存しないから、同じリップモーションを、各モデル用にカスタマイズして出力することが可能なのが地味にイイ‥!!
だって鶴ちゃんで調整したリップ、幸村に読み込んだらほとんど口開いてなかったんだもん‥

ただ、やっぱり使い方がよくわからない箇所もちらほら‥。
途中でフレーム足したり削ったりしたいときって、どうすればいいの‥?

今後は、『MikuMikuVioce』でまずたたき台を作って、『MMD』で開始フレームを合わせ、『FaceAndLips』で調整、という流れにするのがいいのかな。

関連記事

     web拍手 by FC2

Tag :  モーショントレース 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masque

Author:masque

MMD備忘録的なもの

Twitter: masque2525

カテゴリ
タグクラウドとBlog内サーチ

つくったものとか


 ◆ 倉庫
「ヴぁかめ!」いただきました
お世話になってます
一気読みしてみる‥?

全ての記事を表示する

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。