FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     web拍手 by FC2

モーショントレースの始め方(下準備編2:背景AVIと音源の作成)

まったくの我流でお送りする「モーショントレースの始め方」。
ソフトウェアの導入が終わったら、モーショントレースに必要な素材の準備に取りかかります。
  1. 背景AVI・音源WAVファイルおよびリップモーション元音源の用意 (含む fps変更) ←今ココ
  2. 使用モデルのカスタマイズ
  3. 汎用ポーズ作成
なんだか面倒臭く見えますが、この一手間で後々の作業効率が大分違うはず。(当社比)
上記の内、2と3は一度やってしまえば終わり、かつ今後の資産となるはずなので、面倒くさがらずにやってみてね。

では、【1. 背景AVIと音源の用意】から。
  1. トレス元映像を用意する。

    MMDの背景AVIは、「ファイルサイズ2GB以下」の「AVI 1.0コンテナのAVIファイル」である必要があります。
    上記条件のAVIが用意出来ているならば、ここから以下は読む必要なし。
    mp4やFLV形式のファイルからでもAVIは作成できるので、とりあえず映像を用意しましょう。
    (ちなみに大きな声じゃ言えないけどCraving Explorerを使うとAVI形式に変換してDLできます)

    トレスに向いているのは、1)固定カメラで、2)全身が映っていて、3)両手を合わせたり握ったりという絡みが少ないモノ、かなぁとは思いますが、この条件が揃っていなくても気合いで何とかなるので、とにかく自分のやりたい素材を用意するのが一番。

  2. トレス元映像をAVI化する。

    単純にAVI化するだけならば、元ファイルをCraving Explorerにドラッグ&ドロップするだけでOK。
    120317_5.png
    30秒程度の短いファイルだったら、2GB以下というファイルサイズさえクリアできるならそれでいいかも。
    ただ、世の中そんなに簡単ではないのですよ‥。

    背景AVIに使う映像の「プロパティ」→「詳細」でフレーム率を見てみてください。
    ここが30もしくは60フレーム/秒ならばOKですが、29フレーム/秒ならちょっと待ったです。
    テレビなどの映像作品のfps(Frames Per Second)は29.7fps、min30fps表示のMMDより1秒あたり0.3フレーム短くなっています。
    ですのでこのまま背景AVIにして読み込むと当然長さが合いません。(1分で18フレーム、2分で1秒強のズレ。このぐらいになると気になる人は気になるかも。当然長くなるほどズレは大きくなります)
    ですので、29.7fps→30fpsへ変換する必要があります。
    1. AviUtlの初期設定をする(オプション:すでに設定してたら次へ)

      まずこの作業に入る前にAviUtlを立ち上げ、ファイル → 環境設定 → システムの設計から、「最大画像サイズ」と「リサイズ設定の解像度リスト」に16:9と4:3の解像度を追加します。
      とりあえず、
         
      • 最大画像サイズ: 1920x1080  
      • リサイズ設定の解像度リスト: 1920x1080, 1280x720, 800x450, 720x405, 720x540, 640x360, 640x480, 512x384, 512x288, 352x240, 320x240
      あたりを入れておけばOKかと思いますが、トレス元映像のサイズが1920x1080より大きい場合は「最大画像サイズ」にトレス元映像のサイズを入れておきましょう。
      AviUtl > 環境設定 > システムの設計

    2. AviUtlにトレス元映像を読み込む

      ここから背景AVIの作成に入ります。
      「拡張編集」にトレス元映像をドラッグ&ドロップ。
      AviUtl > 拡張編集

      すると「新規プロジェクト」ウィンドウが立ち上がります。
      AviUtl > 新規プロジェクトの作成  
           
      • 画像サイズ: トレス元映像のサイズ  
      • フレームレート: 30fps  
      • 読み込むファイルに合わせる: チェックを外す  

    3. トレス元映像にグリッドライン的な何かを入れ込む(オプション)

      ただし、トレス元映像が固定カメラの時に限る。
      透過画像にラインを入れ込んだものをトレス元映像にかぶせておくと、足の移動などが判りやすくなって便利だなーと私は思っているのだけれど、もちろんやらなくてもOK。
      ラインの形はトレス元映像によって変わってくると思うので、いろいろ工夫してみてください。
      グリッドライン入れてみる

    4. トレス元映像の画像サイズを変更する

      トレス元映像の画像サイズが大きければ大きいほどファイル容量を食うので、適当なサイズにリサイズします。
      実際にAVIに出力してみないと加減は判らないのですが、とりあえず元映像の比率が16:9なら640x360、4:3なら640x480あたりから始めてみるのがいいかな?
      元映像がそれ以下だったら、とりあえずリサイズする必要はありません。

      リサイズは、「ツールウィンドウ」の「サイズの変更」で行ってもいいし、「リサイズフィルタ」もしくは「リサイズフィルタG」を使ってもいいです。まぁ、好きなの使ってってことでひとつ。
      AviUtl > ツールウィンドウ
      それからついでに「NL-Meansフィルタ」にチェックを付けておいてください。

    5. AVI出力をする

      さて、いよいよ出力するよ。
      「ファイル」 → 「AVI出力」を選択すると以下のようなウィンドウが出てきます。
      AviUtl > AVI出力
      • ファイル名は適当に判りやすく
        (何かルールを作った方が管理はしやすいと思う。 私は画像サイズ・fps数・コーデック名を入れ込んだファイル名にしています)
      • 画像サイズとfpsが変更後のものになっているかを確認
      • 「ビデオの圧縮」は入っているコーデックのどれでもいいのだけれど、とりあえず透過などが必要ないならばUtVideoYUV422 UtVideo YUV420 ※'15/7/6修正 を選択
        AviUtl > ビデオの圧縮
      • 「音声無し」にチェックを入れる
      以上の設定をしたら、「保存」を押してしばし待つ。
      AVI出力の間はPCが相当頑張っているので、とりあえず終わるまでPCから離れてお茶でも飲んでましょう。

      出力が終了したら、ファイルの容量をチェック。
      ファイルサイズが2GB未満だったら、MMDに持って行き表示確認。
      無事に表示されたら、これで終了です。

      もし2GBをオーバーしてしまったら、画像サイズを小さくする、もしくはコーデックを替えてみるなどで調整してみてください。
      画質を優先したいなら、大きめの画像サイズのままファイルを分割して出力する、という手も有り。
      ファイルサイズに余裕があってもう少し綺麗な画質が欲しい、と言うことであれば、画像サイズを上げて出力してみましょう。(このときファイルを上書きしてしまわないように注意!)

  3. 音源WAVファイルを作る

    MMDに読み込める音源はWAV形式。(最初「いまどきWAVって‥!!」と思ったのはナイショ)
    もちろん動画編集の時はWAV以外でもOKですが、MMD上で音を出そうと思ったらWAVじゃなきゃダメ。

    トレス元映像の音声を使うのならば、Craving Explorerに元映像をドラッグ&ドロップするだけで作成できます。
    Craving Explorer >変換 > WAV
    他の音源または映像ファイルを使う場合も、同様にWAV化できます。
    ほんと、Craving Explorerはできる子。
    (ただし、映像と音源が違う場合は開始タイミングが合うよう調整が必須。その場合は元映像と合わせながらPREでやってしまうので、どのソフトがWAV編集に良いのかはよくわかりません。ゴメン)

  4. リップモーション用WAVファイルを作る(オプション)

    歌など後ろに音楽が入っている音源からリップモーションを作る場合は、人声以外の音を出来るだけ抜いておいた方が聞き取りをしやすい、ような気がするので、リップモーション用音声ファイルを別に作ります。
    (もちろん必要なかったら作らなくていいですよ!)

    といっても、作り方は簡単。
    ボーカルリデューサーに取り込んで、逆モードで出力するだけ。
    ボーカルリデューサー
以上で、背景AVIと音源の準備は終了。
使用モデルのカスタマイズについては、で。


なんか想定より冗長になってきている割に、ポイントが外れているような気が‥。
判りにくい箇所があったら、コメントででもお知らせ下さい。当方で解る限りお答えします。(解らなかったらゴメンナサイ)

関連記事

     web拍手 by FC2

Tag :  MMD  AVI  Tips  モーショントレースの始め方 

ずっとここでつまづいていたんですけど、解決できました!
わかりやすいご説明、本当にありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masque

Author:masque

MMD備忘録的なもの

Twitter: masque2525

カテゴリ
タグクラウドとBlog内サーチ

つくったものとか


 ◆ 倉庫
「ヴぁかめ!」いただきました
お世話になってます
一気読みしてみる‥?

全ての記事を表示する

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。